事後報告(お仕事)

2018.1.17(水)
「ドラッグストアで自分に合った薬を選べる本」の増補改訂版が出ました!

遅ればせながら明けましておめでとうございます!
そして新年から、ありがたいことに自分の本が出ました!
まったく新たにではないんですが……

「増補改訂版 市販薬は成分表示だけ見ればいい 専門家が教える最新成分から漢方まで“もっと効く”薬の選び方」(誠文堂新光社)、1,620円です。

こちら、一昨年に出していただいた本に加筆・修正を加えたものになります。

先の刊行から2年、新しく発売された薬をはじめ、漢方をより厚く、詳細に、また、今年から始まった市販薬の節税対策など、盛りだくさんの内容となっており、ぜひ皆さまにご覧いただきたくm(_ _)m

また、刊行にあたりまして、版元の皆さま、編集プロダクションのご担当者様、その他拙著の刊行にかかわってくださったすべての方々に、この場を借りて御礼申し上げます。
本当にありがとうございました!

2017.12.23(土)
健康記事を書かせていただきました!

過日、お悩みをおもちの女性が、ダイヤみたいにキラキラした明日の自分を見つけられるようサポートするサイト「マイカラット」に記事が載りました。

内容は以下を含め、PMS(月経前症候群)について7本。

『女性の半数以上が悩まされている。PMS(月経前症候群)とは?』
https://mycarat.jp/articles/373

ご覧いただけましたら幸いですm(_ _)m

2017.6.2(金)
日経トレンディさんに取材していただきました!

過日、日経トレンディさんから取材の依頼がありまして、薬の選び方などについてお話させていただいたのですが、、、

本日発売されました「日経トレンディ7月号」の巻頭特集「疲れない・太らない技術」のなかの、「市販薬(セルフメディケーション)」のページにて、記事としてご掲載いただきました!! 編集部の方々、ありがとうございました!!

皆様にぜひご覧いただきたく思います!!

2017.5.8(月)
「冬を元気にすごすためのヒミツ」書かせていただきました!

小学生向けの媒体にて構成・コピーライティング等を担当しました。

テーマは「冬の元気なすごしかた」。楽しく、元気に冬を過ごすには、うがい、手洗いが大切なんですね。

詳しくはムンディファーマ様のイソジン公式サイトをご覧ください。



2016.12.14(水)
漢方のことを書いた本が刊行されました!

株式会社晋遊舎様から本日刊行のムック「薬完全ガイド」にて、漢方入門コーナー「漢方forビギナーズ」を書かせていただきました!

「そもそも漢方とは?」に始まり、「症状別オススメ漢方薬」まで、
自分なりに、死ぬほどわかりやすくを心掛けて書いてみました。

ご一読いただけましたら幸いです。 
どうぞよろしくお願いいたします。



2016.4.7(木)
自分の記事がWebで公開中です!

リラクゼーションサロンの検索&予約サイト「EPARKリラク&エステ」様の「美容・健康トレンドコラム配信」にて記事を書かせていただきました!

□「薬膳デトックス」に欠かせない3つの食材とは?
□晩冬の薬膳〜これが定番!必須の3食材

ぜひご覧ください! よろしくお願いします!



2016.1.6(水)
「ドラッグストアで自分に合った薬を選べる本」が出ました!

明けましておめでとうございます! そして新年早々、自分の本が出ました!

「市販薬は成分表示だけ見ればいい 〜 プロが教える CMだけではわからない“もっと効く”薬の選び方」(誠文堂新光社)、1,620円です。

医薬品登録販売者の資格を持ち、現役の薬屋さんでもある代表、岩井が「ずっと書きたかったこと」を書かせていただいております。

刊行にあたりまして、版元の皆さま、編集プロダクションのご担当者様、監修を受けてくれた増田先生、OSドラッグのスタッフの皆さま、その他拙著の刊行にかかわってくださったすべての方々に、この場を借りて御礼申し上げます。

本当にありがとうございました!



2015.7.23(木)
自分の本が日本農業新聞さんで紹介されました!

昨年刊行された「介護の薬コンパクトブック」を、日本農業新聞さんが取り上げてくださいました!

「本棚」という書評のコーナーで、なんかすごくいい本みたいに書いていただいて、あ、もちろんいい本なんですけど。

ちなみに日本農業新聞さんは80年(!)の歴史を誇る「食と農の総合情報メディア」で、日本で唯一の日刊農業専門紙だそうです。

超老舗の専門紙に拙著をご掲載いただきまして、あらためて御礼申し上げます。
ありがとうございました!



2015.2.26(木)
Amazonさんで上位にランキングされています!

昨年刊行された「介護の薬コンパクトブック」がAmazonさんの「調剤学」ジャンルで6位にランキングされました!

また、2012年刊行の「医薬品販売実務コンパクトブック」は、同サイトの「薬学」ジャンルにて10位に!

お買い上げいただきました皆さま、ありがとうございました!!!





2014.12.16(火)
自分の本が日経メディカルさんで紹介されました!

今年8月に刊行された拙著「介護の薬コンパクトブック」が日経BP社の日経メディカルオンラインさんの「NMO:STORE」で紹介されました!

版元のTAC出版さんの話では、本誌にも掲載されたとか! 確かに、「NMO:STORE」は、誌上で紹介した書籍等を紹介するコンテンツ!

ご紹介いただきまして、ありがとうございました!!!

日経メディカルオンライン「NMO:STORE」
http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/store/

※2015.2.20(金)、上記からのリンクページを発見したの追記しました。
「介護の薬コンパクトブック」紹介ページ
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/store/review/201412/540042.html

2014.12.7(日)
ダイヤモンド☆ユカイさんを取材させていただきました!

1日に発売された男の育児バイブル「FQ JAPAN」VOL.33に、自分が取材させていただいた「ダイアモンド☆ユカイの愉快なお出かけ!」が掲載されています!

今回は足立区の「ギャラクシティ」に、2人の息子さんと一緒に「お出かけ!」しています。

バンドとかやっていたガキの頃から憧れのROCK STARだったユカイさん!!!

気取らず、気さくでCOOLな雰囲気、の次の瞬間には息子さんたちとはしゃぎまくり! それでも息が乱れることもなく穏やかに微笑む姿は、まさにROCKなDAD!!

痛感しました。この人は「ROCKをしてる」んじゃなくて、「ありのままにROCK」なんだと。

だから、いくつになっても、何をやっても、すべてがROCKでカッコイイ!!!!

ROCKなブログ「ユカイなサムシング」、超オススメです!!
http://ameblo.jp/diamondyukai/

2014.10.23(木)
ツボ、経絡の本が出ました!

自分の書いた本「運動・からだ図解 経絡・ツボの基本(マイナビ)」が刊行されました!

今回は筑波技術大学大学院 教授の森 英俊先生が監修を務めてくださいました。

想定している読者層が鍼灸師を目指す方という、セミプロな感じの内容ですが、鍼灸を、中医学を、分かりやすく書きましたので、一般の方でもご活用いただけると思います。

2014.8.22(金)
介護に関する本が出ました!

一昨年以来となる書籍介護の薬 コンパクトブックが刊行いたしました!!

介護に携わっている方、さらには身内の方であっても、介護の対象となる高齢者の方が飲んでいる薬って、意外と分かっていないことが多いもの。でも、知らなかったばかりに大問題が発生することも!

飲んでいる薬を知ることは、介護の大事な第一歩。

というわけで、めちゃめちゃ多くの類書がある中で、手間や煩わしさを出来る限り排除し、現場で本当に役立つよう「必要な情報」を厳選した一冊をを作ってみました!

日々の介護にお役立ていただけましたら幸いです。



2013.11.23(土)
売れております!!!!!!!(なぜか)

(どうせ401,598位とかなんだよなぁ)

などと思いながら、去る11月17日(日)に見た拙著医薬品販売実務コンパクトブックの、アマゾンでのランキングに驚愕!!!

ん? 薬学カテゴリで『2位』、って!!!!!!!

??な??ん??で??????? あっ!!

そうか! きっと版元のTACさんが急遽広告とか打ってくれたんだ!

わ〜い♪

というわけで早速お礼の電話をしてみたところ、

「いや、特に何もしてませんが、、、」

???????????? いやいや、有らん限りの力を注ぎ込んだ渾身の一冊ですから、売れておかしくはないんです! とはいえ、2位って!!

買ってくださった皆さま、本当にありがとうございます!!

2013.10.12(土)
ゴールデン街の記事が載りました!

いくら事後報告とはいえ、、、一年ぶりとは、、、(絶句)

仕事はしてたんですが、、、、、ま、とにかく、自分の大好きなゴールデン街を取材した記事が、「マイナビウーマン」様に」掲載されました!

『女性のおひとりさまもOK! 新宿歌舞伎町&ゴールデン街の隠れた名店4選』
http://woman.mynavi.jp/article/131008-087/

ホントに気さくで素敵なお店ばかりですので、気軽にフラッとお立ち寄りください♪

2012.10.13(土) 阿部寛さんを取材させていただきました!

今週から始まったドラマ「ゴーイング マイ ホーム」。それに関連した取材で、阿部寛さんにインタビューさせていただきました!

阿部さんが主演するのはもちろん、ドラマで初タッグとなる是枝監督や、約16年ぶりの連ドラ出演となる山口智子さんとの共演ほか、なんとも話題性の高い作品です。

なのに初回、見逃しました、、、締め切りに追われていて、、、(泣)

次回は必ず!

2012.10.11(木)
医薬品販売者向けの本が出ました!

とうとう出ました!

ありえないほどの年月と労力を費やし、医薬品販売に携わるすべての人たちのための一冊医薬品販売実務コンパクトブックが刊行されました!(2週間ほど前に……)

特筆すべきは漢方薬の充実っぷり! ここまで詳しく書いてあるのは、自分がいうのもなんですが、まずないでしょう! 本の内容を一任してくださったTAC出版様に大いに感謝です。

ドラッグストア勤務の方はもちろん、一般の方でも、自分が買う薬を選ぶ際の参考にしていただけるような、できるだけ平易な表現にしてありますので、ぜひよろしくお願いいたします。

2012.7.20(金)
天気の本が出ました!

手伝わせていただいたウェザーニューズさんの本「本当に役立つ お天気情報99(二見書房)」が刊行されました。

天気と経済の関係やお天気健康術、さらに思わず「へーっ」って感じのトリビアネタまで全99本。ワンコインで販売中です。





2012.5.11(金)
再度、美輪明宏さんを取材させていただきました!

前回取材のご報告をした美輪さんですが、ink Club Newsletter誌でも取材をさせていただきました。

前回は舞台「美輪明宏版 椿姫」の告知メインでしたが、今回は「アーティスト・美輪明宏」というテーマの記事になっています。

幼少の頃からさまざまなアートを栄養として育ち、伝説の「銀巴里」を経て颯爽と芸能界デビュー。その後はシンガーソングライターへの転向や、寺山修二、三島由紀夫からのオファーで舞台、映画に進出、そして、、、、

当然、わずか3ページの企画で書ききれるわけもなく、取材でおうかがいした内容の6/7近くは泣く泣くバッサリ切り捨てての完成と相成りました。

ホントもうめちゃめちゃ残念です、、、でも、

取材でお話をおうかがいする中、「正負の法則」など東洋医学にも造詣の深そうな(というか、無意識のうちに実践されているという感じでしょうか?)美輪さんだということがわかり、そんな企画もやってみたい! 死ぬまでには! と思う今日この頃です。

2012.4.19(木)
十朱幸代さん、堀北真希さん、美輪明宏さんを取材させていただいたほかHP移転なども

もう、ページタイトル変えました。

前回の更新からおよそ8ヶ月。結構いろいろありました。

まずはタイトルまんまですが、素敵な3人の女優さんを取材させていただきました。

めちゃめちゃ気さくでタイガー魔法瓶の頃を彷彿とさせる若々しい十朱さん、会見場に現れた瞬間空気を一変させ『可愛いは正義!』を確信させてくれた堀北さん、そして、あえて女優と紹介させていただきました、女性以上に"女”を演じ上げ続ける美輪さん。

なかでも印象に残っているのは「アーチストとしての観念・存在」をお話いただいた美輪さんですね。取材中ずっと感嘆に次ぐ感嘆でしたから。

「白さばかりでは、結局白が死んじゃうんですよ」

東洋医学の陰陽の概念と同じ、バランスの理論(美輪さんいわく「正負の法則」をお芝居にも応用されていたり、めちゃめちゃ共感させていただきました。

ほかにもソーラージャーナルの0号や晋遊舎さんのムック本への執筆、それと、このサイトが引っ越してアドレスが変更になったり、、、

以上もろもろ、どうぞよろしくお願いいたします。



2011.8.9(火)
2冊、出てました!

もう事後報告がデフォでいいんじゃないか?

というわけで、7月に2冊、関わらせていただいた本が出てます!

まずは晋遊舎さんから、
100%ムックシリーズ「映画DVD×地デジ番組100%コピーマニュアル」が刊行されています。

代表が20数ページ、DVDコピーについての便利なソフトや操作方法など書かせてもらってます。

晋遊舎さんには仕事でもゴールデン街でもお世話になりっぱなしで、、、いつも本当にありがとうございます!

そしてもう一冊はミリオン出版さんから、
ミリオンコミックス ナックルズコミックの「ヤバい病院DX 」。

タイトルまんま。まさにヤバネタてんこ盛りの1冊。こちらは、以前自分が原作を書かせていただいたマンガ「人殺し救急隊からの伝言」が再掲されています。

以上、どうぞよろしくお願いいたします。

2011.7.24(日)
奥田瑛二さんを取材させていただきました!

今や伝説ともいえる「男女七人」で明石家さんまさん、大竹しのぶさんたちと共演したイケメン俳優のイメージもありながら、映画、舞台の世界では思いっきりアウトローな空気を身に纏った役柄が印象的なダンディー、奥田瑛二さん。

めっちゃ恐い人かと思いきや、気さくで、めっちゃ笑わせていただきながらの取材でした。

なんかもう、全てのセリフが人生の教訓みたいでしたね。

「主役以外にメッセージなんてない」

「人生を10年区切りで生きてきました。10年後の自分の顔を想像する。そこで『あ、俺すんげーいい顔で笑ってる』、よし! この顔に行き着くぞ! そのための10年計画を作るんです。10年後、イケてる顔で笑うために」

「50で監督デビューしたとき、それまでの俳優の栄光は全部手放しました。裸一貫の映画監督。だからこそ、 唯一残った『奥田瑛二』という名前だけは、絶対に汚すわけにはいかないんです」

「映画の世界では、いつでも命懸けですね。デビューしたときも。45で賞をたくさんもらったときも。監督となった今も。映画になると、もう、ギリギリの、命懸けになっちゃうんです」

インタビューを通して感じたのは、非常なまでのダンディズム。

それこそが奥田さんのカッコよさの真髄。

「今、来年の映画のための準備を進めてます。攻め込みますよ! 来年は。もうビビるくらいに」

奥田監督の映画、めっちゃ楽しみにしてます!

2011.5.28(土)
『世界初の歯の再生』に成功した中原先生を取材させていただきました!

「Link Club Newsletter」誌にて、日本歯科大学の中原貴先生を取材させていただきました。

中原先生は、世界で初めて、動物の胎内以外での歯の再生(正確には歯根と歯周組織、さらに歯槽骨)に成功した、いわば再生医療界の若きプリンス。

まだお若いのに、すごいです!

そして、こんな偉業を成し遂げているのに、大変物腰の柔らかい方で、丁寧で分かりやすいお話をいただきました。

中原先生によれば「5年以内には、研究室レベルでは歯の完全再生も可能なのでは」とのこと。

近未来SFのような世界は、もう目前!?

2011.5.25(水)
貫地谷しほりさんを取材させていただきました!

視聴率も「好調!」な、現在放映中のドラマ「遺留捜査」にて、捜査一課の女性刑事・織田みゆき役で出演中の貫地谷しほりさんに取材をさせていただきました。

特に印象に残ったお話は「自分の中にないものは、出せない」。

役を演じる際、自分が経験したものや、そこから生まれた想い・価値観しかリアリティ足りえない。

すんごく当たり前なんですが、大事なことだなと。

文章の世界も同じだなと。

2011.3.30(水)
いろんな先生にお話をおうかがいしました!

いつものことながら、、、、先月アップされてるんですが、

『ITビジネスジャーナル』というサイト内で、インターネットの悪徳商法をテーマにした記事(特に医療系)を書かせていただきました!

取材を始めるまではよく知らなかったんですが、情報商材ビジネスというものがあるんですね。

簡単にいうと、

「10年来治らなかった○○が、これで治った!」
「ダイエットはもう、○○をやるだけでOK!」

といったようなうたい文句で、不妊、生理痛、子宮筋腫などの改善方法について、百数十ページにも及ぶ情報を売るというビジネス。

ところが、これが、、、、単なる紙クズ、いや、ウソが書いてあるものについては、もはや害悪!

そんなインチキ情報商材を、代表の岩井と専門家の先生で、医学的・化学的見地からツッコミ倒すという企画です。

一般の方には信憑性が出てしまうような巧妙なモノから、日本語から勉強し直そうといった「ライターなめんなよ!」なモノまで、もう『ふざけんな!』と。

原稿を書きながらこれだけイライラした仕事も(情報商材のテキトーっぷりに)初めてでした。

詳しくは以下でご覧下さい。
http://itbiz-j.com/dr/

2011.2.21(月)
小池龍之介さん、小西真奈美さんを取材させていただきました!

あまり、最近、ではないですが、、、

小西真奈美さん、小池龍之介さんを取材させていただきました。

小西さんは昨年の8月、ドラマ『マークスの山』の記者会見会場での取材でした。

第一印象は『顔、小っさ!!』。これに尽きます。

撮影で同行したカメラマンも「フレームを覗いて違和感があるくらいの頭身」と言っていたくらいに。

クールビューティでキリッ!としたイメージが強かったので、いい年こいて久々にめっちゃ緊張しました。が、実際にお会いしたご本人は、気さくでよく笑う美人でした。

そして、小池さん。日経ビジネスの記事で目ウロコ状態となり、著書を片っ端から読み漁った憧れの人。『Link Club Newsletter』の取材で、昨年秋にお会いしました。

欲望、怒り、迷いという、仏道でいう三毒。まさにストレスの元凶。

そこで「ストレス解消♪」などと、こうした感情からお酒やカラオケなどで逃避する道を選ぶ人も少なくないのでは?

ところがです! 実は「その元凶をひたすら見つめ続けること」こそが、真のストレス解消、いやストレス流去法となる。

そんな素敵なお話がおうかがいできました。

2010.10.12(火)
宝島社「MonoMax」で書かせていただきました!

説明をここに入れます。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

2010.10.9(土)
小堺一機さんを取材させていただきました!

高校時代、毎週欠かさず聞いていた「所さんの 進め!おもしろバホバホ隊」「コサキンのスーパーギャング」。パーソナリティの小堺一機氏、関根勤氏の、あまりにブッ飛んだ感性とテンションの絶妙な交錯。そこに「コサキンワールド」の空気を感じ取れる稀有な才能を持ったハガキ職人が集ったことで、とてつもないパワーのうねりが生まれていった。

要するに、めちゃめちゃ面白かったんです。

そんな「僕にとっての笑いの原点」ともいえる小堺一機さんへのインタビューというお仕事が入ってきたんですよこれが!

なんというラック! もう、狂喜乱舞ってやつを現実社会で行いましたからね。

実際にお会いした小堺さんは、テレビの中と同じ、飾らず、気さくで、テンション全開。自らのルーツの話で笑わせられたかと思うと、一時期世間であった欽ちゃん批判についてのシリアスなお話なども。

以前取材させていただいた佐藤B作さんもそうでしたが、お芝居をやっている人は話の緩急が大きいのに、すごく自然で、どんどん引き込まれていくなぁ、と、つくづく思いました。

これからも日本を代表するエンターテイナーとして、頑張ってください!



2010.10.7(木)
毒物劇物取扱者試験の本が刊行されました!

去る9月、TAC出版さんから新刊が刊行されました。

今回は国家資格「毒物劇物取扱者」の試験対策本で、

毒物劇物取扱者スピードテキスト
毒物劇物取扱者スピード問題集

の2冊です。

いずれも、毒物劇物取扱責任者の資格を持つ代表の岩井を中心に、阿佐ヶ谷制作所にて制作しました。

法や化学についてのお堅い内容を、できる限りわかりやすく書いてみました。

資格取得を目指される方に「ぜひ!」です。

2010.8.25(水)
ヒゲの佐藤議員に取材させていただきました!

先月刊行されたLinkClubNewsletter誌にて取材・執筆を担当しました佐藤正久参議院議員の記事が掲載されました!

今回はゴラン高原のPKOやイラクの復興支援など海外に赴任されていた自衛官時代のお話をメインにおうかがいしました。

やさしい微笑みと穏やかなトーンの語り口ながら、ニコ動などで見られる日本を想う熱い心がシッカリと伝わってくる。

こうした人が国政の場にいるという安心感をヒシ!と感じられた取材でした。

2010.4.1(木)
FQ JAPAN、出(てい)ました

アクセスインターナショナルさん発行の『FQ JAPAN』14号が3/1に出ていました。

毎度毎度、なんとも更新が遅くて・・・取り遅ぎご報告までです。



2009.12.18(金)
FQ JAPANや新刊など出ました

いつもお世話になっております、のアクセスインターナショナルさん発行の『FQ JAPAN』13号が12/1に出ました。

今回もファザーリング・ジャパンの安藤さんや内閣府さん、『子どもの貧困』の著者である阿部さん、さらに第一生命経済研究所の熊野さんなどに取材をさせていただきました。

また、ワーク・ライフ・バランス実践DADのコーナーでは、かつてないとてつもない父(と呼びたい)、サイボウズ株式会社の別府さんにお話をおうかがいしました。



そして、前回の『登録販売者試験実戦模試』に続く私どもの書籍第2弾として、TAC出版さんから『最短合格 第1種・第2種衛生管理者スピードテキスト&問題集』が出版されました!

ぶっちゃけ試験を受ける方以外には、およそご覧いただくことがない本かもしれません…

が、以上、どうぞよろしくお願いいたします。

2009.10.6(火)
漫画の再収録コミックが刊行しました

以前、自分が原作を書いた「“人殺し救急隊”からの伝言」という漫画実話ナックルズに掲載されたマンガが、単行本として再掲されました。

掲載順ではトリを飾らせてもらってます!
(一番最後にオマケで載っけてもらったのかも、、、)

ありがとうございます。そして買ってもらえたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

2009.7.21(火)
移転のお知らせ

このたび、事務所を新宿区に移しました。

これまでのところよりも断然広いです!

所在:東京都新宿区西新宿3-5-12-802
TEL&FAX 03-6323-7282
e-mail asagaya-cp@nifty.com

携帯、屋号は変わらず、というわけで、

西新宿の阿佐ヶ谷制作所、を

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

2009.4.22(水)
本が出ます!

全然更新してなかったと思ったら、なんだか連チャンの書き込みになってますが、いや! ここは書かざるをえません!

フラッと中野の『青春』に飲みに行って、そこでチラッと「本が出るんだ」と話したら、その場に居た人たちがザワっと「買うぜ!」・・・・、思わず涙ぐんじゃいました。

いい人たちのいるお店で励まされて、それでは宣伝しなくてはと。早朝5時に書いてます。

4/25(土)に出ます。「漢方とツボと経絡ストレッチの本」。晋遊舎さんからです。自分の初著者となる本です。

どうぞよろしくお願いいたします。

2009.4.21(火)
小池百合子さんを取材させていただきました

4/25に出る本にかかりっきりで、全く更新していなかったのですが、と言い訳めいたことは置いといて、遅ればせながらご報告です。

「月刊カレント」の4月号で矢野先生と衆議院議員の小池百合子氏の対談を担当させていただきました。

小池氏の「スパッ!」と音がしそうなキレのある語り口と内容、カッコよかったです。勉強になりました。

ただ、今回は自分のスケジュール管理の甘さから、編集に関わる方々に多大なご迷惑をかけてしまいました・・・この場で書くのもなんですが、あらためてお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。



2009.4.18(土)
本が、出てました

いつものことながら・・・って、いつもではマズイんだけど、要するに更新してませんでしたorz

というわけで、取り遅ぎご報告します。

前回以降も「月刊カレント」「FQ JAPAN」ほかの雑誌に携わらせていただいておりますが、「月刊カレント」の1月号では衆議院議員の平沼赳夫氏と矢野先生の対談を担当しました! 感動しました!



そして、その前月の昨年12月に、出てました。

「登録販売者試験 実践模試」が。

これは薬事法改正に伴う「新しい医薬品管理者」である登録販売者の資格の試験対策本です。

同時期、自分もこの試験を受けまして、無事合格しました(ホントよかったです。本書いといて落ちたとか笑えないんで)。

この本、実は初の阿佐ヶ谷制作所名義となります。TAC出版さん、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2008.10.8(水)
カレント10月号、刊行しました

しばらく更新してませんでしたが、その間に記事を書かせていただいた「月刊カレント」、出ていました。

今回は、台湾の国連加盟に関する内容で、リライトという形で関わらせていただきました。

『鋭い視点で正しい世論を喚起する』

こうした「カレントのコンセプト」にもとづいた誌面づくりに、今後も携わらせていただければ幸いです。

2008.8.24(日)
「PRINCESS Quanto」が刊行しました

『今、女の子が夢中なオモチャがバッチリわかるッ!』

というわけで、お仕事させていただいたムック「PRINCESS Quanto」が刊行しました。

ネコパブリッシングさんの女の子向けのおもちゃ雑誌なんですが、モデルさんとの撮影など、いろいろ勉強になりました。

「こなぷん」はヤバイです。ハマりそうです(笑)

2008.8.5(火)
ドトールコーヒーの鳥羽名誉会長を取材しました

お仕事させていただいた月刊カレント8月号が出ました。

ドトールコーヒーの鳥羽名誉会長へのインタビュー。テーマは日本再生。

大変勉強になりました。矢野弾先生にも大変お世話になりました。

本当にありがとうございました。








2008.6.21(土)
中国から帰ってきて3ヶ月、いろいろ出てました

中国在住の日本人向けビジネス情報誌『KANAN MONTHLY』に原稿を書かせていただいてました(中国のお仕事というのはこれです)。

編集部独自のスタンスによる厳選ネタと、記事にする際の視点。日本はもちろん、現地でもほかにはない“中国でビジネスチャンスを拡げたい人”のための雑誌です。



『FQ JAPAN』は“お父さんが子育てを楽しむための雑誌”。

今回は「39歳でデビューした4児のDADシンガー」、木山裕策さんのインタビューなどを担当させていただきました。



世界中のオモシロイ「人、モノ、デキゴトetc」を載せる。

そんな媒体『Link Club Newsletter』。

4月号では「阿佐ヶ谷の偉人(奇人?)」こと「肉屋のこーちゃん」を取材!!

“あの肉”の真相に“肉迫”しました。詳細は阿佐ヶ谷ロフトでもご覧いただけます。



久々の大衆増刊のお仕事。出会えるスポットについて書きました。



健康誌での漢方企画も連載中です。

2008.3.2(日)
中国出張のお知らせ

3/4から2週間ほど岩井のほうが中国へ取材に行くことになりました。

取材内容などは帰国後にあらためてアップいたします。

2007.12.3(月)
「FQ JAPAN」が発売されました

制作に携わった本「FQ JAPAN」が発売されました。

これは「父親の子育てバイブル」として人気を博している、英国発の父親向けの情報誌「FQ」の日本版。教育、健康、ファッションほか幼児期の子供を持つお父さん必見の一冊です。

今回は巷で話題の「メタボリックシンドローム」について、さらに子供の能力を最大限に引き出す、医学的にも理にかなった教育法「モンテッソーリ教育」について記事を書かせていただきました。

2007.9.22(土)
「大人の新脳トレブック」が発売されました

制作に携わった本「大人の新脳トレブック(実務教育出版)」が発売されました。

さまざまなタイプの本が発売され、少々飽和気味といえそうな「脳トレもの」ですが、今回は「江戸時代の慣習・情緒」を活かした「そうはない内容」で、珍しく、親しみやすい仕上がりになっていると思います。

また、特集企画の一部を担当した「JAの広報関連小冊子」も発行されました。

2007.6.1(金)
制作に携わった本が発売されました!

「知ればトクする天気予報99の謎(二見書房)」です。

普段何気なく、しかし確実に目に、耳にしている天気予報。

でも、そこにはさまざまなカラクリや法律、そしてビジネスチャンスが隠されていたんです!

といった感じで、まさに「知ってトクする一冊」に仕上がってます。

2007.4.18(金)
健康誌での連載が始まりました!

お手伝いしている雑誌「健康日本」が……すでに出ていました。

東洋医学に詳しい朝日山先生にご監修お願いして4月号からスタートした企画「経絡ストレッチ」を担当しています。

連載企画なんで、これから毎月載る予定です。

2007.1.26(金)

病院のクライアント様から受けていた「業務案内パンフ」が無事納品されました。
それと、いまさらですが…原作を担当した漫画が12月発売の漫画実話ナックルズに掲載されてました。

そして最近、その反響で週刊ポストさんの方から取材の電話がありまして、先週発売の号で、漫画に登場した女性がとり上げられました。

2007.1.5(金)

雑誌に記事が掲載されました。

といっても、これまた先月の話なんですが…パソコンの調子が悪くて更新が滞ってしまいすみません。

11月に新創刊した「あない人」(芸文社)という健康誌の第2号(2006/12/27発売)です。

今回は「明かりと体感温度の関係」という企画、さらに「ラクトフェリン」という健康機能成分についての記事を書いています。

全国書店売りなんで、どうぞよろしくお願いします。

2006.12.2(土)

雑誌に記事が掲載されました。
先月の27日に新創刊した「あない人」(芸文社)という健康誌です。

今回担当したのはサプリメント関連の企画で、「ホントに正しいサプリメント選びとは?」という内容にものほかを書いています。

全国書店売りです。どうぞよろしくお願いします。

2006.11.6(月)

雑誌に記事が掲載されました。

といっても先月発売の号なんですが…更新し忘れてました…。

健康誌「からだにいいこと」(祥伝社)の袋とじ企画で、オトコのカラダの真実をお伝えする、チラッとHな記事を書いています。

全国書店売りなんで、というか、もう売り切れてるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします。

2006.9.29(金)

制作に関わった新しい本「消防自動車99の謎」(二見書房)\630(税込)が発売されました。

知ってるようで実は全然知られてなかった消防に関するネタが満載の一冊。

元・現役の消防士・レスキュー隊員ほかに取材したからこそ聞ける「リアルな裏話」など、マニアでなくとも楽しめる内容だと思います。

2006.8.19(日)

以前からチラッとご紹介していた、初の原作を担当した漫画が掲載された雑誌が発売しました。

「漫画実話ナックルズ10月号」に掲載されている、「人殺し救急隊からの伝言」という、救急隊員の過酷で厳しくため息の出るような「フツーの日常」を描いたものです。

ただ…成人指定誌なので、ビニールテープで留められているもんですから、立ち読みはできません。

というわけで、ぜひ買って読んでください。全国のコンビニ(一部除く)で売ってます。

2006.7.17(月)

新しい本が発売しました。

「DVDだからよくわかるツボ・マッサージ」(西東社)\1540(税別)です。

一冊まるごと文章の方を担当しました。

全国書店売りなんで、どうぞよろしくお願いします。

2006.6.28(水)

ある漫画誌さんから、原作のお仕事いただきました。で、これがめちゃめちゃてこずってるんですが……。まぁ月内締めなんで、なんとかしなくてはという感じです。

2006.6.21(水)

ツボマッサージの本が校了(要するにあとは印刷が上がるのを待つだけというところ)になりました。

というか、それはもう1週間くらい前の話なんですが…とにかく、来月(7月)頭に発売になります。

基本的には若い女性向けの本なのですが、男性の方にも「いろいろと使える内容」かとは思います。

詳しくは発売後、あらためて。

<今年の増補改訂版>
市販薬と上手につきあう

<好評発売中の既刊>
「なんとなく漢方」な方に

<好評発売中の既刊>
ドラッグストアを上手に利用する

<好評発売中の既刊>
介護に携わる全ての人へ

<好評発売中の既刊>
医薬品販売の虎の巻

内容のポイントはこちら

<好評発売中の既刊>
経絡・ツボの基本を押さえる

ケンコーコム